家庭用核シェルターの見学・販売を行っている、熊本市中央区『ミツワ不動産建設 シェルター事業部』のホームページです。

ミツワ不動産建設有限会社:シェルター事業部 .096-351-2922 受付時間/9:00〜18:00
大切な家族を災害から守る『シェルター』
トップ シェルターとは シェルター製品 お問合せ 会社概要
 
モデルシェルター熊本に初登場!【モデル会場・ご見学受付中!】
シェルター製品のご紹介
●家庭用核シェルター
●地下核シェルター
●地震シェルター
●津波シェルター

●シェルター・防災・避難グッズ
ミツワ不動産建設
しみずレンタルルーム
モリノダンススタジオ
【ごあいさつ】弊社は昭和58年11月1日に会社を設立し、建設業・不動産業を今日まで営んでまいりました。今般シェルター事業部門を開設しました経緯についてご説明させて頂きます。弊社事務所がありますビル1F駐車場の下は江戸時代には船着場として使用されていた関係で空洞があります。土を掘り下げて、地下室を作ろうと以前から思っていました。当時、何に利用したいという発想はありませんでしたが、今話題の北朝鮮ミサイルによる、放射能汚染・VXガスやサリンの有毒ガスの汚染等、色々な問題があります。熊本地震では平成28年(2016年)4月14日、16日に過去に前例のない震度7の地震を2度も経験しました。停電・断水・食料不足等の生活環境が、一気に変わりました。非常時に対する取り組みを常日頃から準備する必要性を、その時痛切に感じました。核シェルターはスイス、イスラエルでは住宅を建てる時に義務化され100%です。日本では建築基準法で、住宅では火災警報装置(煙感知器)が義務化されておりビルではスプリンクラー等の初期消化設備が、規模により義務化がされています。今回は、性能が良く、コンパクトなイスラエル製の核シェルター(空気ろ過機)を設置しました。更に非常時に必要な備品、食料、水等を一緒に準備致しました。工事に掛り、友人に「今核シェルターを作っている」と言うと、皆さん口をそろえて「自分一人が生き残って何をするんだ!」と言われました。そこで、シェルターの代理店になって仲間を増やそうと思いました。また、非常用品等も揃えて、非常時の危機管理のアドバイザーとして皆様方のお役にたてれば嬉しく思います。代表取締役 森野 繁
お知らせ
モデルシェルター熊本に初上陸!【ご見学受付中】TEL.096-351-2922

ページ先頭
ミツワ不動産建設有限会社:シェルター事業部/〒860-0028 熊本市中央区中唐人町8番地 モリノビル3F TEL.096-351-2922 FAX.096-274-0877
トップ
シェルターとは
 □よくある質問
シェルター商品
 □家庭用核シェルター
 □地下核シェルター
 □地震シェルター
 □津波シェルター
 □シェルター・
  防災・避難グッズ
モデルシェルター
 ご見学
お問合せ
 □個人情報保護方針
会社概要